カーボン製 テールピース

な訳ない

試しにカーボンシートを

貼ってみたんだけどクソダサかったので写真だけ取って剥離した。

街路樹の植え込みのバラ

別に誰の物でも無いんだけど切り取って持って帰っちゃった人がいる。こーゆー自分だけの人には困ってしまう。桜も切っちゃう奴いるし。

桜切るバカ
梅切らぬバカ

言ってもわからないからバカなんだよ言われた時はなるほど納得

最近の海外生産品

ネジの長さが元々足りていないとかオーバートルクでビス頭がつぶれているとか、もうちょっと注意して作ってくれよと思っていましたが間違っていたかも。作り手のミスではなく、ビス自体の精度が悪すぎる。同じ新品のビスを使ってみて分かったのですが首振りもあるけど、+ドライバーが嵌る溝がまちまち。ぴったりハマったかと思えばガタガタなビスもあったり。ひどいのは新品なのに舐めていると(笑)。もうびっくりです。これじゃまともな製品は出来ません。工作精度が悪く初期不良が多いのもここら辺の問題かもしれません。

木に下穴を空けなくても割れないビスはありますが、ギターにはちゃんと下穴を空けて欲しいです。見えいないけど表面が割れちゃっているよ。まぁ安いギターだから仕方ないかもだけど。それ以前に木の切りだしが斜めとかありえないんですけどね。

epiphoneの安いギター

お色直し中です。

ペグとテールピースとブリッジは銀→黒に。1Pの黒いピックガードもあるのですが、取り付けの段階になってボディーに穴を空けたくないなと思い保留。コイルタップしたいなとebayで安かったEpiphone Classic Plus ProBucker Pickups With Wiring Harness。で、エレクトリカルな部分は全交換するついでにボディトップの色変え。カーボンにするかマット系暖色にするか悩んでる中。

ギブソンではこんな事やる気も起きないけど、やっすいepiphoneなのでやりたい放題。

Epiphone Classic Plus ProBucker Pickups With Wiring Harness その2

コネクターで接続は便利なんだけど、ボディー側の通す穴が狭すぎて通らない。コネクターピンを抜いてみたけど差し込みは一回きりぽいので再差し込みしたらガバガバ。やり方が悪いのかな?

そう やり方が悪かった。スマホのSIM抜きピンを入れて抜く。引っかかりが無くなってしまった場合、SIM抜きピンをその部分に差し込んで曲げなおす。構造がわかればごく普通の事でした。ので、コネクターピンを全部引っこ抜いてからボディーに通し再度コネクターピンを戻し組み上げると。

でも、これならハンダ付けした方が確実だし楽

まぁ元々この Epiphone Classic Plus ProBucker Pickups With Wiring Harnessに対応しているボディなら問題無いのでしょうね。MUSEとか

まーいーか

気分的には半田付けしちゃった方が間違いなさそうですが、メンテナンスでポッド類だけ交換したい時は楽ですね。ASSYごと外せるので。でもそんな事って今までも無かったしこれからも無さそう。

Epiphone Classic Plus ProBucker Pickups With Wiring Harness

ピックアップカバーを外そうとハンダを取りたかったけど、普段使っているハンダごてでは温度が足らず吸い取れない。長い時間熱を加えるのは良くなさそうなのでリューターでハンダを切っちゃった。で、出てきたのは黒。白やゼブラじゃなくて良かった。でも色は良かったけど、なんだかもう傷だらけで製造のテキトウさが如実に。カバーで見えなくなるからなーって感じで作っているのでしょうね。ナンダカナー

ネック・ブリッジの表記はありませんが、コードの長さと調整ネジの向きでわかりますね。見た目だけじゃない事を祈りますが(笑)。

取り付けはブリッジからアースを一本半田付けするだけであとはコネクター。コネクターの信頼性が心配ですがメンテナンスは簡単ですね。コストダウンの一環なのでしょうが便利な世の中です。こんなのかebayだと4,000円位とか長生きして良かったです(笑)。

コードレス ブロワー

一家に一台ブロワーです(笑)

特に動物と暮らしている方にはお薦めです。抜け毛は掃除機だけでは取れません。舞った毛が色んなところに入り込んでいます。そんな所には掃除機は届きません。そこでブロワーです。空気清浄機を全開にするか扉や窓を開放し換気できる状態で端からブローです。普段綺麗にしていても思っている以上にホコリが舞います。そんな所で生活をしていたのかとちょっと嫌になったりもしますが・・・。まぁとにかくきれいになります。

ブロワーにもいろんなタイプがありますが、これはトリガー式ではなくボタン式。五段階の風量調節。マキタのバッテリーも使える仕様。最弱の1でもそれなりの風量があるので床に置いて送風機の代わりにもなりそう。あとは車内のホコリを飛ばしたり、ノズルを付け替え集塵機に。吸気側にサイクロンユニットを付ければ掃除機としても使えます。付属のダストパックがクソですが、あれこれ工夫すればかなりクリーンな排気になります。ある意味ダイソンを越えます(笑)。簡単に言うと掃除機を掃除する掃除機になります。掃除機のレビューはたくさんありますが、掃除機の掃除機ってあまり聞きませんね。そーゆーのが出来ます。いずれまた

マキタのブロワーも所有していますが、遜色ない風量があると思います。
洗車後の水滴飛ばしも問題無さそう。

あとは耐久性ですね。
どーかなー

ハーフマラソン

アディダスのネットイベントである5/2のハーフマラソン走って来ました。ルートは何でも良いので河川敷にしましたが、往路は無風?と思っていたら追い風だったらしく、復路は向かい風でかなり体力を奪われました。ハーフは初めてでペースが全く分からないので160BPMの音楽に合わせて走りました。コレがあまり良くなかったような気がします。ペースは歩幅で変えるしか無いので広げると足に負担が、狭めると走りづらくと良い事なかったです。でも同じテンポで走り続けられたのは初めても長距離としては良かったのかも知れません。

いろんなデータからすると往路は6分/㎞ちょいでした。疲労が少ないペースだと今のところコレが精いっぱい。で復路はと言うと15㎞過ぎのペースはボロボロです。書けません(笑)。足が上がらなくなりました。走り方云々、20㎞を走る筋力が無いようです。

ゴールしてから6時間ほど経ちましたが、今のところ筋肉痛等は無くこのまま痛みが出なければ良いなぁと。特に膝を心配していますが、どーかなー・・・。

とりあえずハーフマラソンってのはどんなのかわかりました。
もう良いかなって気がします(笑)

染め

染め前の色褪せて焼けて貧乏臭い画像を撮るのを忘れてアフターのみ

30数年前からのお気に入りの帽子。人目に晒せない風貌になってしまい捨てようとタンスの肥やしにやっていたのですが、あーそーそー染めちゃえば!とダイロンマルチで染めてみました。染め自体は簡単ですが、80℃のお湯を6リットル用意するのと、その入れ物をどうしようかで悩みました。結果からすると良い感じです。マルチなのでナイロンまで染まるのでタグまで真っ黒になりましたが。

四半世紀以上使っているお気に入りの帽子がまだまだこれからも被れると思うと嬉しい。
ただただ嬉しい。