トラブル

ガレージの電動シャッターをスイッチボットを使い、開けと停止で1個、閉じで1個の計2個で作動させていましたが、ちょっと複雑な取り付け方だったために停止ボタンが常時押された状態に。停止ボタンは単純に回路切断なので、押された状態で保持されてしまうと物理ボタンもリモコンもとにかく全て動かなくなってしまう。

押されていることに気付かず故障?とアレコレ試してお手上げ状態で一度元の状態に戻してみるかとスイッチボットもサードメーカーのリモコンユニットも外した。ららら、普通に作動したのでスイッチボットの取り付けの不具合に気が付いた。

元々スイッチボットは予備的に付けておいたのですが、その予備が原因で不具合はこりごりなのでシンプルに一つで開け閉じだけに。いろいろ考えてみましたが、一番シンプルで加工も少ない画像の方法に。黄色いプラ板とアルミのチャンネル材とボルト一本だけ。黄色のプラ板は基本ぶら下がっているだけ(笑)で、ただの板にスイッチボットが引っ張る部品をつけただけ。でもこれだけだと不安定なので閉じるボタンに軽く両面テープで止まっています。

押す動作は単純に押すだけ。
引っ張る動作はボルトを支点としたテコ。

わかる方にはコレだけで十分わかるかと。
シンプルでしょ

以前は小さいシーソーを作って狭い場所でセッティングも微妙な範囲で使っていたのが不具合の理由。今回はスッカスカなので多分大丈夫かなと。

あー良かった良かった。

ちなみにコレは仮に作っただけなので、後日いろいろ詰めて製作予定。まぁ見た目がさ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください