Posts in Category: 鳥取 浦富海岸

Tottori Blue Snorkel & Photo Service

あいにくの天気予報でギリギリの前日の夜まで参加の是非を迷っておりましたが、天気は悪いものの「波やうねりは大丈夫そう」との事でとりあえず行っちゃうか!?と車で出発。片道700km。途中ヤバイ豪雨に見舞われながらも無事に到着。思ったより近かった(笑。

できるなら晴天の綺麗なシチュエーションでで初SUPと行きたいところですが見なかった事にして準備を始めます。ちょいと波やうねりがありそうで初SUPとしては難しそうですがこれまた見なかった事にします。

場所によっては結構な波がありましたが、初入水した所は穏やかでホッとしました。レクチャーを受けワクワクドキドキで乗ってみます。とりあえず座ったまま進みます。ボートとはまた違う感覚でもっと海が近い感じ。なんですかね?滑っている感じ?んでレクチャーを受けた割りにテキトウ(笑)に立ち上がってみます。普通に立てました。試しに左右にグラグラしてみましたが、エッジの浮力?が強く頭がボードの芯にある限りバランスが崩れる事は無さそう。オールは海中に入れた方が安定しますが、海中に無くとも大丈夫そうです。オールの向きに注意しながら漕いでみます・・・思った以上に進む。あれれ?と思いつつちゃんとレクチャーを思い出し両腕真っ直ぐで漕ぐと更に効率よく進む。今度はガッツリオールを海面に入れ一回のオールの移動距離を大きくしてやるとまたまた更に進む。こりゃオモシロいといっぱい漕いだら疲れた(笑。

オススメは仰向けに寝そべったまま漕ぐ(笑)です。スノーケリングの時もですが、仰向けに浮かんでいるのが好きなのです(まぁうつ伏せだと死んでしまいますが…)。なんですかねこの海の上で寝そべっている感覚は。このまま目をつぶって暫くして開けたらそこは東京だったら帰りが楽だなぁとナマケモノでも考えないような事を思い浮かべつつSUPに戻ります。
まわりの方々の捌き具合を参考にしながらアレコレしてみました。個人的には大きく動かず膝もバランスを取る程度でノンビリ移動するのがCooL思いました。僕の場合は楽しくて楽しくて全て力一杯です。あとでムービーを見せてもらいましたがCooLぢゃ無かったです(笑。でもまぁ楽しかったし最初の最初なので良しとしましょう。

そーそー。転覆する感覚も無かったのですが、調子こいてボードの後方にしかも足を前後で乗ってみたら立て続けに三度落ちました。バランスを崩したら立て直す間もなく落ちました。でも多分チャリと同じで倒れる事を前提で練習すると無理な動きをしなかったりするので上達が早いような気もします。余談ですがSUP中行き詰ってバックしましたが心の中で「フェイキー」とか思っていました。もちろんハーフキャブとか出来ません。

個人的感想ですが、スポーツ的に楽しむよりも道具としての使い方に興味がわきました。例えばカメラを積んで海上湖上から撮影とかスノーケル道具を積んでちょっと沖まで出てとか。ストリートライディングと言うよりママチャリ的にみたいな。でもたぶんちゃんと乗れるようになったらソッチっぽくも乗りたくなるでしょうね。正直やる前はボートの延長線上にあって移動するだけの物と思っていましたが、やった後では大違いでスゲー楽しかったです。海の上を歩く?寝る(笑)?そんな感覚がたまらなかったです。特にいままで海とは縁遠い人だったのもあるでしょう。いつになっても新しい刺激は楽しいものです。

調べてみると自宅近所でSUP体験が出来る所がありました。あるのですが海や川が綺麗でもなく風景も良く知ったものなのでちょっとどーかなー思っていたり。でもやらないと上手くならないしどうせなら綺麗なところでやりたいしでもそろそろ寒くなって来ちゃうし躊躇。

と 2日目のスノーケルに

晴れ男発揮で天気予報を覆し晴天に。でも波やうねりまでは消す事が出来ませんでした。通常だと中止になりそうな状況らしかったのですが、僕的には問題なかったです。なかなか進まない場面もありましたが、潮で流されて危険と言う場所では無いので酔いさえなければ大丈夫でした。実際一緒に体験された方々は初スノーケルとの事でしたが楽しんでおられました。

場所によってはかなりクリアでしたが濁っている所も。でも全体的にはクリア寄りだったのではと思います。晴天も手伝ってか海が綺麗でした。生物も数多くいて懐いてくれるかと手を伸ばしても逃げられるだけで猫を同じようには(当たり前)。それでも近くで泳いでくれる魚もいたりしてカメラに上手く収めることは出来ませんでしたが楽しかったです。都会っ子(笑)なのでこんな泳いでいるイカちゃんとかハジメマシテコンニチハ。

今回お世話(笑)になったアンドンクラゲさんです。刺されてしまったようです僕。なんかちょっとやっぱり潜ってみたいなと耳抜き忘れて潜って耳痛いしてウェットスーツの浮力に負けてそんなに深く潜れなくてあーウェイト借りれば良かったかなでも体力的に無理そうだったからなとか思いつつ浮上した先にアンドンさんがいたようです。右耳付近にビリビリとした感覚があって「あっ」とちょっとさわってしまって失敗思いつつ「どーしたら良い?」と聞いたら「海水で洗って」言われたので海中にいた僕はそのままさわらずに水流でブンブンしてやりました。その後はドーかと言うと何ともありませんでした。腫れも痛みも赤くなる事もなく。んーまいっか(笑。

Tottori Blue Snorkel & Photo Service 代表のかにクンです。昔乗っていたチャリがご縁で去年に続き今年も楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。SUP&スノーケル体験に関してわからない事があれば問い合わせてみてください。ステキな海が待っていますよー

スノーケル自体そんなに回数はこなしていませんし参加したツアーも少ないのですが、Tottori Blue Snorkel & Photo Serviceは少人数でのツアーでフォローしてくださるスタッフの方もおりますし、海岸からのアプローチなので初めてでも安心して楽しめると思います。浅瀬で練習も十分出来ますし。ココら辺が結構重要で、船だといきなり足の着かない水深でしかも大海原にドボンですから。

とまぁ充実した楽しい2日間でした。んで数日後・・・

素敵な写真が届きました!ありがとうございます。
この他にもウェブサイトから購入できる画像があります。

来年も行きたーい!

Share

鳥取BLUE かにクン SUP&スノーケル してきた

先週金曜仕事して夜もちょっと仕事して深夜に東京を離れ車で鳥取へ。土曜朝着いてちょっと寝て午後から初SUPして死んだように寝て日曜朝からスノーケルして午後鳥取を離れ東名の事故渋滞をかわしつつ八時間ほどで帰ってきて猫してF!イタリアグランプリを見て気が付いたら月曜の朝で仕事して帰ってきてエクスペンタブル3見てる。

ちょー忙しい(笑

んで明日の火曜から昼夜昼夜仕事で24時間戦えますかって言うか48時間戦います(笑。

ので体験日記はほんの少し後で

Share

鳥取BLUE

今年も遊びに行く事になりました。天気とか体調とか問題無いと良いけど・・・。

興味がある方はこちらから鳥取BLUE

Share

また行きたいですねー

Share

鳥取BLUE 浦富海岸スノーケリング体験

鳥取BLUE

竹富島からのコッチすっかりスノーケリングづいてしまい、綺麗な海を求めチャリ友でもあるTottori Blue Snorkel & Photo Service 代表 中谷英明さんのもとを訪ねてきました。

もう何が心配って旅行はとにかく天気。しかも今回は海目的なので晴でも海が荒れたら入る事が出来ない。普段は見る事もない波乗りサイトを参考に数日前からモヤモヤしていましたが、無事に海に入る事が出来ました。普段の行いだな(笑。

マスクとスノーケルは持参したのでウェットスーツ・グローブ・マリンブーツ・フィンをお借りしました。何の知識もありませんでしたが、ご教授いただき勉強になりました。また安全面に関しての配慮がきちんとされていたので不安なく海に入る事が出来ました。あと入ってからビックリしましたがウェットスーツの浮力って相当なものです。足も浮くのでフィンの蹴り方が最初不安定でした。また立ち泳ぎせずジッとしていても海面から顔が出ます。ので水深がソコソコでも普通にしていられました。まぁこんな事は普通なんでしょうけど海慣れしていない自分には驚きでした。

さて今年(2017/9/10時点)のスノーケル期間はもうわずかとの事ですが、SUP等も開催されております。興味のある方は下記リンクからお問い合わせしてみてください。

■■Tottori Blue Snorkel & Photo Service■■
 代表 中谷英明
☆Mail tottoriblue@gmail.com
☆URL: http://tottoriblue.jimdo.com/
☆BLOG http://blog.zige.jp/blue/
☆FB https://www.facebook.com/nakatanihideaki

楽しい時間をありがとうございました。
次回はもうちょっと余裕を持ってスノーケルにSUPにとしたいなと思っております。

良い海の日のせいなのかスノーケルもダイビングもカヌーも遊覧船もアッチもコッチもでした

水中の撮影は揺られ流され大変な事がわかりました。数打っても当りません(笑

ちょっとこんな感じのを撮ってみたかったらしい

魚の名前も知らなければ クラゲの名前も知らない
なんかピカピカ光っていたっす

竹富島でのスノーケリングとは違い、青く光る洞窟、緑に輝く洞窟、子供心くすぐる狭い洞窟などなどチョー楽しいのであります。

ウェットスーツ、ブーツ、グローブ装備なので岩がぶつかって来ても安心安全。しかもウェットスーツの浮力もかなりあるので、立ち泳ぎもそこそこに遊覧船通過待ちも楽々です。

前日は多くのギョギョがいたそうですが、当日はそこそこでした。それでも小さな魚も見つけ教えて頂いたので勉強になりました。

ちょっと見え辛いですが右手にオリンパスTG-5。意味無いかな?と思っていたフローティングストラップをしていきましたが、目立つ上に外れ辛いので海では必需品なのかも知れません。

このスノーケリングツアーの開催者であるTottori Blue Snorkel & Photo Service 代表のカニクンこと中谷英明さん エネルギー溢れた方でした。

とても楽しい一日でした。さて次はSUPか?

子供の頃からの憧れ鳥取砂丘にも行って来ました。ほんともう砂しかありません(笑。マナーが良いのか清掃がしっかりしているのかゴミが落ちていません。こうでなくっちゃ

水中撮影…と言うか、水中自体慣れていないので更に難しく感じるカメラ。現状ではコレが精一杯。高感度番長のα7sをハウジングに入れて…とか思いましたが、最近はお気楽極楽撮影で、綺麗さより思い出重視なのでTG-5で良いのかも。とまぁ逃げに入ってます(笑。

実際に水中で撮影して感じたのは、中谷さんの魚写真は本当に凄いものだと。
もっと海を好きにならないとな思いました。

Share